ケアハイツで活躍する社員の
1日の仕事の流れを時系列にてご紹介いたします。

けやきハイツで働く
看護師の1日

真剣に、そして優しく。
看護師の一日は緊張感の中に笑顔が溢れます。

けやきハイツで働く看護師の1日

8:00 出勤

車で10分の自宅から出勤。

支給の制服に着替えたら、まずはスタッフステーションにて利用者様のカルテから情報収集をします。

また詳細の情報を必要とする場合は、直接看護師同士で確認を行い、個々の利用者様の状態を把握しスケジュールに沿って各居室へ訪問をします。

出勤


9:00 検温・ケア

訪問した利用者様の居室にて、声を掛けた際の表情や身体状況などから健康状態等を把握しバイタルを計り、オムツ交換や口腔ケア、清拭等のケアを行い褥瘡の防止や誤嚥性肺炎の防止に努めます。

検温・ケア


11:30 服薬・栄養管理

主治医により処方された服薬をセットし、経管栄養の利用者様には、声掛け・呼吸や腹部の状態・姿勢を整え栄養を流します。

また痰が絡んだりして吸引の必要があれば吸引を行います。

服薬・栄養管理


14:00 情報伝達

面会にみえたご家族に挨拶を交わす中で今の様子を伝えたり世間話をしたり。
また、なかなか面会に来られないご家族にも居室にある連絡ノートにて、情報伝達をしています。

呼吸器装着の利用者様が入浴する際は介護スタッフと共に浴室へ同行し緊急時に備えたりします。

主治医や薬剤師がハイツへみえた際も利用者様の状態を伝えたり指示を貰ったりし、その内容を他スタッフへ申送ります。

情報伝達


16:00 記録

訪問の都度、記録は残していくのですが、再度記録内容の確認や個々のスタッフや担当者への申送り、主治医へ電話やFAXにて報告を行います。

記録


17:00 終業

更衣室で私服に着替え、車にて帰宅。
途中でスーパーへ寄って買い物をすることも。
仕事から家事へスイッチが入れ替わる瞬間です。

終業