ケアハイツに入社した社員の
インタビューを掲載中です。

2011年入社 【勤務地】けやきハイツ
看護師インタビュー

けやきハイツ利用者の方と長くお付き合いできるからこそ、やりがいのある仕事だと感じています。

けやきハイツで働く看護師インタビュー

入社するまでの経緯について教えてください。

入社前は、脳神経内科で勤務していました。

不意な事から怪我をしてしまい、しばらく療養していましたが、何となく職場復帰への意気込みが持てなく転職を考えていた所に知人から紹介して貰ったのが最初のきっかけでした。

入社するまでの経緯

仕事を始めた頃の感想をお聞かせください。

病院はあくまでも「病気を治す場所」だということ。
その為、結果的に治療や投薬の内容が患者さんの負担になりかねないケースもありました。

しかし、ケアハイツでは穏やかな生活の中で、「その方らしい看取り」までを考えながら利用者様としっかりと向き合える!と感じました。

仕事を始めた頃の感想

ケアハイツのどんなところに魅力を感じていますか?

一つ一つのケアがゆったりと出来たり、身体状況やケア内容は同じようであっても個々の利用者様の関わりは違うべきで、そういった細かい部分まで対応出来る 部分であったり、介護スタッフとも同じ目的を持つもの同士、専門領域は違えども協力し合う事が出来る事も魅力の一つです。

ケアハイツの魅力

ケアハイツだからこそ感じられる看護職としてのやりがいは何ですか?

すぐ近くに医師がいないことは一見、デメリットでもあるのですが、その分「私達がしっかりしなければ!」といういいプレッシャーになっています。

もちろん、主治医の先生は、いざという時の指示は的確で頼りになるので安心しています。

お仕事のやりがい

成長するために心掛けていることはありますか?

まだ初めて接する疾患や対応や処置内容もあるので、その都度、先輩職員に聞いたり、インターネットや書籍で調べたり、月一回のハイツ内の勉強会も復習や情報収集の場として活用するようにしています。

成長するための心掛け

将来の目標を教えてください。

より多くの利用者様やご家族に「よかった」と思えるケアが出来るような職員をこれからも目指して行きたいです。

そして、職員全体のチーム力も向上して行きたいです。

将来の目標

育児・家事に奮闘中のスタッフも多いかと思いますが、仕事との両立で工夫している点はありますか?

一番は体調管理。
その為には十分な睡眠を取る事です。

そして仕事でも家事でも、その日にやるべき事はその日に片付ける!でないとモヤモヤした気持ちで熟睡出来ないからです。

工夫している点

これから介護の仕事を志す方へのメッセージをお願いします。

ここは病院のように検査機器や治療機器はありません。
在宅医療の中で、ご家族が後悔なく利用者様に穏やかに最後を迎えて頂くという事は、これまで病院勤務の長い方には多少のギャップがあるかも知れません。

私もありましたが、先輩スタッフや介護スタッフとの関わりの中で、何となくスッと受入れる事が出来た気がします。
仲のよい楽しい職場ですので、一緒に頑張りましょう!

求職者へのメッセージ